新時代のコーヒー/旅行/ソーシャルメディア

映画de英会話

come off 意味と使い方 -映画”ターミナル”から学ぶ英会話-

投稿日:2018-12-11 更新日:

「ターミナル(The Terminal)」は、2004年公開のスティーヴン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス出演のアメリカ映画です。

今回は映画に出てくる“come off”の意味と使い方をダイヤログに基づいて解説していきます。

 

映画 The Terminalより

Amelia:

I am so sorry.

I must come off like a complete nut job or something.

I didn’t want to eat alone.

キャビンアテンダントのアメリアが、ナボルスキーに食事を断られた場面です。




意味

“come off -”

「〜という印象を与える」

 

使い方

好印象や悪印象に関係なく、何かしらの印象を与える時に使われます。

プラスα(もう1つの意味)

“come off -”

「〜が外れる」 

The screw of machine came off.

「マシンのネジが外れた」

 

まとめ

映画ターミナルより

アメリア:

ごめんなさい。

頭のおかしい人のような印象を与えたわよね。

私は1人で食事したくなかったの。

>>他の重要イディオムも見てみる<<

あわせて読みたい

記事カテゴリー

カテゴリー


▼ 今日の人気記事 ▼

 

▼ 新着記事 ▼