Warning: A non-numeric value encountered in /home/keny-japan/www/wordpress/wp-includes/formatting.php on line 3398

新時代のコーヒー / 旅行 / 社会学メディア

映画de英会話

be drawn to you 意味と使い方 -映画きみに読む物語から学ぶ英会話-

投稿日:2019-01-06 更新日:

「きみに読む物語」は、1940年代に出会った男女と現代で年老いた二人の過去と現代を交差するように描いた恋愛物語で、2004年のアメリカ映画です。

今回は映画に出てくる“cut it out”の意味と使い方をダイヤログに基づいて解説していきます。

映画 The notebookより

Noah: But I had to be next to you. I was being drawn to you.

Allie: Oh… oh, jeez, what a line! You use that on all the girls?

ノアとアリーが二度目にあった時の会話です。




意味

“be drawn to you”

「君に惹かれている

 

使い方

直訳すると、「きみに溺れている」おしゃれな愛情表現です。

 

まとめ

映画きみに読む物語より

Noah:でもきみの隣にいる必要があったんだ。きみに惹かれていたから。

Allie:あら、なんてセリフなの。それみんなに使ってるの?

>>他の重要イディオムも見てみる<<

あわせて読みたい


今週のおすすめ動画

記事カテゴリー

カテゴリー


▼ 今日の人気記事 ▼

 

▼ 新着記事 ▼