新時代のコーヒー/旅行/ソーシャルメディア

社会学用語 / 重要概念

構造的暴力とは?貧困や差別はなぜ説明するのが難しいのか

投稿日:2019-04-28 更新日:

構造的暴力とは

構造的暴力とは、国際政治学および平和学の概念の一つで、社会構造に起因する、行為主体が不明確である、間接的・潜在的に暴力を指します。その具体例として、貧困・飢餓・抑圧・差別・愚民政策などが挙げられます。

構造的暴力によって、多くの人々、特に底辺に位置する人々が、拷問やレイプのような一時的暴力と、貧困や人種差別のような慢性的な苦しみを与えられます。

一方で、この構造的暴力は、説明するのが非常に難しいとされており、その理由として、3つ挙げることができます。

 

説明が難しい理由3つ

環境が違いすぎる

構造的暴力を受ける人々の苦しみは、私たちとは異質の世界の出来事であることです。

私たちは、自分と同じような生活を送っている人々の苦しみには共感できますが、地理的・人種的・文化的に隔りがある人々の苦しみは、理解するにはかなり難しいと考えられます。

表現できない

その構造的暴力の苦しみの重さを表現する方法がなかなか見つからないということです。

事実の記述や数字によって、事態を客観的に提示するだけでは、無数の人々が味わった苦しみを伝えることはできません。

苦しみの痛ましさは、単に数量の問題ではなく、歴史において権利はおろか声もほとんどもたない無名の犠牲者たち一人一人の顔に刻まれているからです。

包括的な情報が必要

苦しみの力学とその構造は、まだ十分にわかっていないことです。苦しみの構造を説明するためには、より多くの人々の協力とより多くの資料が必要です。

具体的なケーススタディは、苦しみを明らかにし、人々が経験したことを私たちに示しますが、苦しみを説明するためには、個人の経験を、文化、歴史、ポリティカルエコノミーなど、大きな枠組みの中で、捉え直す必要があるからです。

 

構造的暴力の解決策

構造的暴力を解決するには、苦しみを与えられている人々を、民族誌の中で捉えなおす必要があります。次に、このローカルな問題を、より大きな史的システムの中に組み込む必要があります。

構造的暴力の被害を受けており、悲惨な生活を強いている社会的・経済的要因は、他の地域の何百万という人々の生活にも同じような苦しみをもたらしています。

つまり、この人々の苦しみを正当に理解するためには、グローバルな力を視野に入れて、その苦しみを見直さなければならないのです。

参考書籍:他者の苦しみへの責任

あわせて読みたい

記事カテゴリー

カテゴリー


▼ 今日の人気記事 ▼

 

▼ 新着記事 ▼