新時代のコーヒー/旅行/ソーシャルメディア

コーヒー知識

【節約】コーヒーチェーン店で1番安いカフェは?ドリップコーヒー1杯の値段を比較

投稿日:2019-03-05 更新日:

仕事中の移動の合間や休日のお出かけの休憩など、大手コーヒーチェーン店で時間を使われる方も多いかと思います。

特に、頻繁にカフェを利用される方は、1ヶ月のカフェ代がけっこうな額になったりします。学生さんなどは、死活問題ですね。

今回は、数ある大手コーヒーチェーン店の中から、ドリップコーヒーの価格をランキング形式でまとめています。(最小サイズ・税込)




10位 星乃珈琲店

432円

実は、ドトール・日レスホールディングスという株式会社に属しており、ドトールコーヒーと経営は同じの星乃珈琲店です。

席ごとにパテーションで区切られた店内が多く、また席と席の間隔も離れてますので、落ち着いて読書やPC作業をすることもできます。比較的女性のお客が多いイメージです。

 

9位 コメダ珈琲

420円

コメダ珈琲は、1968年に名古屋市で創業されました。元々個人経営していた喫茶店だったが、1970年からフランチャイズ展開されました。

こちらの珈琲店の特徴は落ち着いた雰囲気で、年齢層も高めで、シックな雰囲気ですので、ゆったりと時間を過ごすことができます。 デザートのシロノワールがとても有名で人気です。

 

8位 上島珈琲店

400円

日本で最も有名なコーヒー関連会社の1つである、ユーシーシー上島珈琲株式会社が展開している珈琲店です。

昔からあるコーヒーチェーンというよりかは、喫茶店に近く、全体的な年齢層も高めです。

 

7位 タリーズコーヒー

320円

タリーズコーヒーは、アメリカワシントン州シアトル発のいわゆるシアトル系コーヒー店です。1997年に日本に上陸しました。

タリーズコーヒーは、一般的なコーヒーチェーン店の中では、落ち着いたイメージがあります。スターバックスに行くよりも、タリーズの方が落ち着いてて好きって人も多いです。




6位 スターバックスコーヒー

313円

世界で最も有名なコーヒーチェーン店、スターバックスコーヒーです。エスプレッソ系ドリンクを日本に持ち込んだとしても有名です。

フラペチーノやラテを注文する方が多いので、あまりドリップコーヒーを注文される方は少ないかもしれません。

 

4位 エクセシオールカフェ

300円

実はエクセシオールカフェもドトールと同じ系列店であり、イタリアンエスプレッソを売りにしたコーヒチェーン店です。

エクセシオールカフェは関西ではあまり見かけませんが、関東ではよく見かけます。格式張っておらず、気軽に入れるお店です。

 

4位 シアトルズベストコーヒー

300円

シアトルズベストコーヒー は、アメリカ合衆国ワシントン州ウィッビーアイランド発のシアトル系コーヒー店です。日本には1999年に上陸しました。

オフィスビルなどに併設されている場合が多く、利用する客の多くがビジネスパーソンということもあり、落ち着いた雰囲気が特徴です。

 

3位 カフェドクリエ

260円

カフェドクリエは、フランス風のカフェをイメージしており、東京に本社を置く企業によって運営されています。

病院などに併設されているのが多いイメージで、ドリンクだけでなく、フードメニューも充実していることが特徴です。




2位 ドトールコーヒー

220円

ドトールコーヒーは1980年に営業を開始し、この業界における草分け的存在として見られています。現在では、店舗数も最大級として知られています。

価格も非常にお手頃で、喫煙ルームがあることが多いので、喫煙者から好まれる傾向にあるのも1つの特徴です。

 

1位 サンマルクカフェ

216円

ドトールコーヒーと僅差で価格競争を制し、1杯が最も安いコーヒーチェーン店は、チョコクロで有名なサンマルクカフェです。

岡山県に本社を置く、サンマルクホールディングスが経営しており、焼きたてパンが非常に人気であるのが特徴です。

以上、コーヒーチェーン店のドリップコーヒーの価格ランキングでした。値段で比べると、サンマルクカフェが最も優勢でしたが、コーヒーの質やカフェ空間は店舗によって様々です。


あわせて読みたい

記事カテゴリー

カテゴリー


▼ 今日の人気記事 ▼

 

▼ 新着記事 ▼