新時代のコーヒー/旅行/ソーシャルメディア

コーヒー知識

【バリスタ解説】スチームミルクvsフォームミルクの作り方と特徴の違いとは?

投稿日:2018-10-11 更新日:

日本にスタバを筆頭とした、エスプレッソ系コーヒーが浸透してから、日本でもカフェラテやカプチーノなど、スチームミルクとフォームドミルクを使ったさまざまなドリンクが飲まれるようになりました。

カフェラテやカプチーノ、マキアートなどは、スチームミルクとフォームミルクの割合の違いによって、呼び名が異なってきます。

今回は、わかりそうでわかりづらい、スチームミルクとフォームミルクの作り方と特徴の違いを、ライターであり、バリスタである私が簡単に解説しています。目次

1. スチームミルクとは

2. フォームミルクとは




1. スチームミルクとは

エスプレッソマシンでは、一気に多くの蒸気を出すことができる金属の棒(スチームノズル)を、ミルクの中に沈めることによって、スチームミルクやフォームミルクが生成されます。

スチームミルクとは、エスプレッソマシンの蒸気でミルクを温めた際に泡にならなかった部分のミルクを指します。言い換えるならば、ただのホットミルクです。

作り方

スチームミルクは、冷たいミルクを温めるだけで良いので、エスプレッソマシンのスチームノズルを、対流するような真ん中の位置にして蒸気を出すと、作ることができます。

対流する位置は、蒸気の量や、ミルクピッチャーの大きさによって異なり、コツが必要なため、初めの方は見つけるのに苦労するかもしれません。




2. フォームミルクとは

フォームミルクとは、空気が入って泡状になったミルクのことを指します。

泡状と言いますが、実際は目に見えるような大きな泡ではなく、とてもきめの細かい泡であり、綺麗にできたフォームミルクは目視してもつやつやしています。

作り方

フォームミルクは、ミルクの中に空気を入れる必要があるので、エスプレッソマシンのスチームノズルを、ミルクの表面に当て、数秒間蒸気を入れた後、大きな泡を潰すために、対流するような真ん中の位置にして蒸気を出すと、作ることができます。

こちらのフォームミルクは、作り手によって、出来上がりが大きく違います。腕の良いバリスタが作ると、とても口当たりの良いフォームミルクが出来上がります。

逆に言えばと、下手な人が作ると、口当たりの悪いドリンクになります。コーヒー好きの方の中には、チェーン店で、あえてフォームミルクなしで注文される方もいます。


あわせて読みたい

記事カテゴリー

カテゴリー


▼ 今日の人気記事 ▼

 

▼ 新着記事 ▼