新時代のコーヒー/旅行/ソーシャルメディア

コーヒー知識

【コーヒーvs紅茶】それぞれの健康効果を徹底比較!

投稿日:2018-12-31 更新日:

コーヒーと紅茶は互いに人気のある嗜好品飲料で、両方飲む方もいますが、コーヒー派と紅茶派に別れることが多いです。

一方で、それぞれの健康効果に差はあるのでしょうか。今回は、コーヒーと紅茶の健康効果を比較し、まとめています。

目次

1. 共通する健康効果

2. コーヒーの健康効果

3. 紅茶の健康効果

4. まとめ




1. 共通する健康効果

コーヒーとカフェインは起源が異なり、栽培方法も異なりますが、少し成分が似ています。そのため、健康効果も似ている部分があります。以下の4つがコーヒーと紅茶に共通する健康効果です。

・香りによるリラックス効果

・ガン予防

・アンチエイジング効果

・ダイエット効果

 

2. コーヒーの健康効果

まずは、コーヒーの健康効果を見ていきたいと思います。コーヒーには、上記の共通の健康効果に加えて、以下のような健康効果があります。

・二日酔い改善効果

・うつ病の発症率低下作用

・心拍数を落ち着かせる作用

これらの効果は主に、ポリフェノールの1種であるクロロゲン酸による効果であると言われています。




3. 紅茶の健康効果

次に、紅茶の健康効果を見ていきたいと思います。紅茶には、上記の共通の健康効果に加えて、以下のような健康効果があります。

・インフルエンザの感染予防

・生活習慣病の予防

・歯垢防止・虫歯予防

 

4. まとめ

それぞれに共通の健康効果や独自の効果があることを見てきました。確かにこれらの飲料に効果はありますが、絶大な効果があるとは言えません。

そのため、健康効果で決めるのではなく、趣向で決めた方が幸福度があり、結果的に健康に繋がるかもしれません。健康面は日常的な食事で考え、コーヒーや紅茶は好きな方を飲むのが最も良い選択だと思います。


あわせて読みたい

記事カテゴリー

カテゴリー


▼ 今日の人気記事 ▼

 

▼ 新着記事 ▼