新時代のコーヒー/旅行/ソーシャルメディア

映画de英会話

Don’t be a square. 意味と使い方 -映画バックトゥーザフューチャーから学ぶ英会話-

投稿日:2018-12-18 更新日:

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」は、1985年にアメリカで公開されて以来、多くの人々に愛され続けているSF映画です。

今回は映画に出てくる“Don’t be a square.”の意味と使い方をダイヤログに基づいて解説していきます。

映画 Back to the Futureより

Marty: You shouldn’t drink.

Lorraine: Why not?

Marty: Because you might regret it later in life.

Lorraine: Marty, Don’t be a such a square.

ダンスパーティーの駐車場で、車内で話している場面です。




意味

“Don’t be a square.”

「つまらないこと言わないで

 

使い方

“square”はスラングで、保守的でつまらない人、という意味になります。

よって”Don’t be a square”を直訳すると、「保守的な人にならないで」=「つまらないこと言わないで」ということになります。

 

まとめ

映画バック・トゥ・ザ・フューチャーより

マーティ:飲むべきじゃないよ

ロレイン:なんで?

マーティ:きっとこの先後悔することになるよ

ロレイン:マーティ、つまらないこと言わないで

>>他の重要イディオムも見てみる<<

あわせて読みたい

記事カテゴリー

カテゴリー


▼ 今日の人気記事 ▼

 

▼ 新着記事 ▼