新時代のコーヒー/旅行/ソーシャルメディア

アジア(東)情報

【台湾 新幹線HSR】事前予約した乗り放題チケットの引き換え場所と使用方法

投稿日:2019-05-28 更新日:

近年、台湾に旅行される方は増加傾向にありますが、首都の台北だけではなく、台中や台南といった地方都市まで、足を運ぶ人も増えてきています。

台中や台南などに行く方法は、さまざまありますが、台湾の新幹線、HSRが最もメジャーで便利であると言われています。

台湾の新幹線HSRをお得に利用する方法が、KKdayが提供する、事前予約制の乗り放題チケットです。今回は、こちらのチケットの台北駅での引き換え場所や引き換え方法をご紹介します。

 

バウチャーの引き換え場所

KKdayから送られてきた乗り放題チケットのバウチャーを使うためには、まずそれを乗車券に引き換える必要があります。

引き換えることができる場所は、台北駅のHSRの改札の100mほど手前の、チケット売り場で購入することができます。上記の写真が、そちらの場所です。

新幹線HSRのチケット売り場は、ほとんどの場合、並んでいるので、時間に余裕をもって、行かれることをおすすめします。




引き換え方法・必要なもの

KKdayなどのサイトで予約した後、登録したメールアドレスに電子バウチャーが送付されますので、そちらの画面を見せるか、そのバウチャーを印刷したものを見せます。その際に、パスポートも一緒に提示する必要がありますので、ご注意ください。

本人確認が終わると、どの時刻の新幹線に乗るのか、尋ねられますので、画面に表示された時刻表を見ながら、予約を確定してください。

席に余裕があれば、窓側の席(ウィンドーシート)か通路側の席(アイルシート)を選択することができますが、ギリギリの予約の場合、窓側の席は埋まっていることが多いです。

その後、パスポートと、乗り放題チケット(上記の写真)が渡されますので、それを持って、改札付近にいる駅員さんに提示すると、ゲートを通ることができます。

 

車内で駅弁やタピオカを楽しもう

台北市内のMRTでは、車内で飲食すると罰金があるほど、厳しく規制されていますが、新幹線HSRでは、飲食はOKです。

また、台湾では、日本と同じように駅弁文化があります。改札の前後には、さまざまな駅弁が販売されているので、好きな弁当を購入して、車内で食べるのも楽しみの1つです。

また、台湾発祥の本場のタピオカティーを車内に持ち込んで、電車の旅をしても、有意義に楽しめるでしょう。


あわせて読みたい

記事カテゴリー

カテゴリー


▼ 今日の人気記事 ▼

 

▼ 新着記事 ▼