新時代のコーヒー/旅行/ソーシャルメディア

Z-other

【映画パッドマン】主人公ラクシュミのその後の人生は?現在の活動は?

投稿日:2018-12-30 更新日:

2018年12月7日に公開された映画「パッドマン」は、日本ではあまり有名になっていないが、インドではとても影響力のある映画と評されています。

パッドマンはアルナチャラム・ムルガナンダム(Arunachalam Muruganantham)というインドの発明家・社会活動家の人生を描いています。

映画中では、国連本部でのスピーチやインドでの表彰の後、自分の村に戻るシーンで終わりましたが、その後彼はどのような活動を行なっているのでしょうか。

目次

パッドマンの社会的影響力

パッドマンの受賞歴




パッドマンの社会的影響力

アルナチャラム・ムルガナンダムさんは、結果的に2400個のマシンを製造しました。

それらのマシンはインド中、さらにはアメリカを含む17の国と地域に採用されました。

彼はこれらのことから24000人の女性の雇用を生むことができ、1300万人の女性にナプキンを届けることができたと語っています。

7年経った今でも、彼のビジョンは変わらず、彼は世界中のビジネススクールや企業で講演を続けています。

>>パッドマンのTED動画<<

 

パッドマンの受賞歴

2014年には、タイムズ紙の“世界の最も影響力のある人物100人”に選ばれ、オバマ元大統領やビルゲイツ氏に肩を並べました。

彼はこれまでにさまざまな賞を受賞し、盾やトロフィーをもらっているが、彼はそれらを部屋には飾っていません。

その理由を彼はこう説明しています。

「私は毎日トロフィーを見たくない。これらは確かに達成感を与えてくれる。しかし、私は8歳の娘のようにフレッシュでパワーにみなぎった生活をしたいから」

そんな彼の会社は今でも毎月12個のマシンを作り続けています。利益はあまり出していないのにもかかわらず。


あわせて読みたい

記事カテゴリー

カテゴリー


▼ 今日の人気記事 ▼

 

▼ 新着記事 ▼