新時代のコーヒー/旅行/ソーシャルメディア

コーヒー知識

コーヒーの美味さ・良さがわからないなんてもったいない!奥深き魅力とは?

投稿日:2019-01-31 更新日:

日本ではすでにコーヒー文化が浸透していて、喫茶店から始まったコーヒーも、大手シアトル系チェーン店からコンビニコーヒーまで、さまざまな場所や時間で飲まれるようになりました。

しかし一方で、コーヒーがあまり好きではない方もいます。コーヒーの全てを知って、好きではないと思っているのであれば、仕方ありませんが、だいたいの方はそうではありません。

今回はコーヒーの美味しさがわからない人に向けて、コーヒーの魅力をお伝えしていきたいと思います。

目次

1. コーヒーは苦くない

2. ワインのように楽しむ

3. 豊かな時間を過ごす




1. コーヒーは苦くない

コーヒーが好きではない人の1番の理由は、コーヒーの苦味が耐えられないということが挙げられます。苦味を拒絶する理由としては、2つ考えられ、1つは味蕾細胞によって、生理的に拒否反応が起きていること。もう1つは質の低いコーヒーを飲んでいることです。

1つ目は、生理現象なので仕方ありませんが、2つ目は、本当に美味しいコーヒーを飲むことで、克服することができます。

コーヒーは苦いと言われていますが、それはひと昔前のことです。昔は輸送技術が発達していなかったために、コーヒー豆を深煎り(=強く火を入れる)必要がありました。

しかし、近年は技術が進歩したために、豆の品質もよくなり、中煎りや浅煎りを楽しむことができるようになりました。

焦げたものが苦いのと同様に、深煎りのコーヒー豆は苦味が強いです。一方で、中煎りや浅煎りのコーヒー豆は豆本来のフルーティな味わいを楽しむことができます。

当然ですが、それらのコーヒーはインスタントや缶コーヒーでは飲むことができないです。コーヒー専門店やコーヒースタンドに行けば、上記のような美味しいコーヒーを飲むことができます。




2. ワインのように楽しむ

コーヒーは近年、ワインのように楽しまれるようになってきています。コーヒー豆も産地にこだわり、品種にこだわり、製法にこだわられるようになってきました。

コーヒーは全て同じという方も居られるかもしれませんが、コーヒー豆は千差万別です。国によっても味わいは異なりますし、製法によっても大きく味が異なります。

それぞれの豆は農家や職人によって想いを込めて作られています。きっとあなたにぴったりハマるコーヒー豆が見つかるでしょう。

 

3. 豊かな時間を過ごす

コーヒーを楽しむことは、人生を豊かにすると言われています。本当に美味しいコーヒーを飲んだ時、その味と香りは鼻に通って、至福の時間を過ごすことができます。

その至福の時間は何にも変えることができません。もしコーヒーを飲まず嫌いされているのであれば、お近くの専門店やコーヒースタンドで、美味しいコーヒーを試してみてください。

1人でも多くの人が、コーヒーの魅力に気づき、人生が少しでも豊かになることを願います。


あわせて読みたい

記事カテゴリー

カテゴリー


▼ 今日の人気記事 ▼

 

▼ 新着記事 ▼