新時代のコーヒー/旅行/ソーシャルメディア

映画de英会話

bite to eat 意味と使い方 -映画ターミナルから学ぶ英会話-

投稿日:2018-12-15 更新日:

「ターミナル(The Terminal)」は、2004年公開のスティーヴン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス出演のアメリカ映画です。

今回は映画に出てくる“bite to eat”の意味と使い方をダイヤログに基づいて解説していきます。

映画 The Terminalより

Navorski: Ameria? Would you like to have a bite to eat tonight?

Ameria: You’re asking me out for dinner?

Navorski: Yes.

Ameria: Yeah, sure.

ナボルスキーがアメリアに勇気を出して言ったセリフです。




意味

“have a bite to eat”

「軽く食べる」

 

使い方

“grab a bite to eat “としても使えます。

学校ではあまり習いませんが、ネイティブスピーカーがよく使う表現です。急いでいる時や、サクッと食事を取るときに使われます。

 

まとめ

映画ターミナルより

ナボルスキー:アメリア?今夜良かったら軽くご飯に食べに行きませんか?

アメリア:ディナーのお誘いってこと?

ナボルスキー:そう。

アメリア:もちろん行くわ。

>>他の重要イディオムも見てみる<<

あわせて読みたい

記事カテゴリー

カテゴリー


▼ 今日の人気記事 ▼

 

▼ 新着記事 ▼