Warning: A non-numeric value encountered in /home/keny-japan/www/wordpress/wp-includes/formatting.php on line 3398

新時代のコーヒー / 旅行 / 社会学メディア

コーヒー知識

【宇宙焙煎】海外ベンチャーがコーヒー豆を、大気圏で焙煎する計画を発表。購入するなら値段はいくらか

投稿日:2019-01-30 更新日:

「スペースロースターズ (space roasters)」というドバイのスタートアップが宇宙から地球の大気圏に入る際に発生する熱でコーヒーを焙煎する計画を発表しました。

 

宇宙焙煎で歴史を変える

Room magagine 取材によると、会社創設者のHatem Alkhafaji と Anders Cavallini は、宇宙で焙煎することにより、一歩進んだ焙煎レベルに到達することができると言っています。

「コーヒー豆は数百年間同じ方法で焙煎されています。宇宙のテクノロジーが発展してきているので、今こそ、そのテクノロジーを使ってコーヒー豆を焙煎すべきだと思っています。」と2人は語りました。




宇宙焙煎カプセル(space roasting capsule)

こちらの会社は宇宙焙煎カプセル(space roasting capsule)というもので特許を取っています。このカプセルは75kgのコーヒー豆が入った円筒を4つ入っており、大気圏に突入する時のうまく熱を伝えるようになっています。

そして、無重力空間でコーヒー豆は均一に熱されて、焙煎が進んでいきます。その後、パラシュートを使ってそのカプセルは地球へと着陸します。

この計画の全てのプロセスはたった20分で終わってしまいますが、そのカプセル開けた時のアロマの香りは驚くべきものになると2人は言っています。

 

宇宙コーヒーが購入できる?

スペースロースターズは、こちらのコーヒー豆をプレセール価格で販売する予定ですが、まだ価格は設定されていません。

しかし、ある程度推測することは可能で、この会社が使うロケットの打ち上げには1回につき600万ドル(=6.6億円)です。1回につき300kgのコーヒー豆が焙煎されるので、計算すると1kgあたり2万ドル(=220万円)。

1杯当たり10g使用するとすれば、コーヒー1杯の値段は200ドル(=2.2万円)ということになりますね。それに加えてデザインや開発コスト、マーケティング費用などを加えると、1杯500ドル(=5.5万円)くらいになると予想できます。

参考 arstechnica.com

あわせて読みたい


今週のおすすめ動画

記事カテゴリー

カテゴリー


▼ 今日の人気記事 ▼

 

▼ 新着記事 ▼