新時代のコーヒー/旅行/ソーシャルメディア

旅の魅力/ノウハウ

中国系の格安航空会社の安全性と危険性 – 国際機関の格付けは?

投稿日:2019-01-02 更新日:

日本から西側へと海外旅行に行かれる際、値段を重視すると、必ずと言っていいほど中国系の航空会社になってしまいます。中国といえば、パクリが多かったり、仕事をちゃんとしていないイメージがあります。

飛行機は安全性が第一です。もし仕事がガサツで、ボルトの閉め忘れがあり、墜落でもしたら…今回はあまりイメージの良くない中国の航空会社の安全性について伝えたいと思います。

ちなみにライターであり、フリクエントフライヤーである私は、東南アジアやヨーロッパに行く際に必ずと言っていいほど、中国の航空会社を利用しています。

目次

1. 中国の航空会社一覧

2. 実際安全性ってどうなの?

3. 中国の航空会社のデメリットって?




1. 中国の航空会社一覧

まずは、中国系の主な航空会社を紹介します。

中国南方航空

中国南方航空は旅客運輸量が1億1461万人(2016年)で中国でトップ、アジアで最大、世界でも4位の規模の航空会社です。

スカイチームに所属しており、700機所有しています。

中国東方航空

中国東方航空は旅客運輸量が10174万人(2016年)で国内2位、航空会社で世界でも7位の規模の旅客数を取り扱います。

スカイチームに所属しており、596機所有しています。

中国国際航空

中国国際航空は旅客運輸量が9661万人(2016年)で南方、東方に次ぐ中国国内3位の規模です。世界で見ると10位にランクインしています。

スターアライアンスに所属しており、623機所有しています。

ちなみに日本トップのJALでは、旅客運輸量が3867万人(2016年)で、中国3位の中国国際航空にも及びません。




2. 実際安全性ってどうなの?

前章で旅客運輸量がかなり多く、規模的には信頼できそうな数値でした。では、実際に安全性はどうなのでしょうか。航空会社安全性チェック機関”AirlineRatings”を参考にします。

AirlineRatingsは毎年400以上の航空会社の安全性を格付けしており、1〜7で点数をつけています。【1=最も危険 7=最も安全】

それぞれの航空会社は何点なのでしょうか。

 

5年連続7点!

こちらの航空会社は安全と評価されています。

 

5年連続7点!

こちらの航空会社も安全と評価されています。

 

5年連続7点!

こちらの航空会社もまた安全と評価されています。

中国の航空会社は外部機関からも安全と評価されているので、問題はなさそうです。また、10度以上利用している私の実感も、安全性に問題はないと感じています。

 

3. 中国の航空会社のデメリットって?

中国の航空会社は安価で、安全性が高い、良いところばかりです。良いところばかりだと、少し怖くなってしまうのが人間の性です。

実際のところは、もちろんデメリットもあります。例えば、サービスが悪かったり、機器が壊れていたり、乗客がうるさかったりします。

中国系航空会社のメリット・デメリットは別記事で書いていますので、よろしければご覧ください。

>>中国系航空会社のメリット・デメリット<<

あわせて読みたい

記事カテゴリー

カテゴリー


▼ 今日の人気記事 ▼

 

▼ 新着記事 ▼