新時代のコーヒー/旅行/ソーシャルメディア

海外のスタンド

LONELY BARISTA(タイ・バンコク)- 世界のコーヒースタンドの歩き方

投稿日:2018-09-11 更新日:

住宅街に隠れる発見困難なコーヒースタンド

今回は、人気が出てきている新名所「ロットファイラチャダーナイトマーケット(Ratchada Rot Fai Night Market)」の近くにあるコーヒースタンドをご紹介します。

入り組んだ住宅街にあり、バスや電車が近くに通っていないため、タイ文化センター駅から徒歩20分ほどかかるアクセスが悪い場所ですが、それが逆に隠れ家感を出しています。

この辺りは住宅地が中心なので、観光客はこの有名な観光地の市場以外には足を運ばないと思います。その住宅地の中にある隠れ家スタンドがLONELY BARISTAです。

この通りにコーヒースタンドはありますが、住宅以外本当に何もないです。場所はひっそりとしていてわかりにくいのですが、写真左側のブルーの壁が目印です。

外観は上の写真のような感じで、住宅街でひっそりと営業されているのが読み取れます。

住宅街の奥の隠れ家的な場所にあるのにも関わらず、お客さんでいっぱいでした。現地のタイ人の方がほとんどで、駐在員と思われる欧米人の方が1人いました。

日光をうまく取り入れる内装のデザインがとてもかっこいいですね。オーナーの方は若く、とても生き生きと仕事をされている印象を受けました。

メニュー

ライターの私は、いつも通り、カフェラテを注文しようと思いましたが、「タイスタイルラテ」が気になったので、そちらを注文しました。

コーヒーの容器に貼られているシールのデザインがかわいいですね。一口飲んでみると、タイのコーヒー豆特有の苦味と、タイスタイルのコンデンスミルクがいい具合にマッチしておいしかったです。

ただ、日本人の私には少し甘すぎたかもしれません。次回は普通のラテを注文したいと思います。

タイの飲み物は、タイミルクティーをはじめ、とても甘いものが多いですが、タイ人に砂糖を多く入れる理由を尋ねると、「安いから」というシンプルな答えが返ってきました。

有名な観光地ロットファイラチャダーナイトマーケットに行くついででも良いですので、ぜひ足を運んでみてください。

【店舗情報】

ロンリーバリスタ
(LONELY BARISTA)

営業時間 12:00-20:00

定休日  月曜日、火曜日、水曜日

住所 Soi Yu Charoen 21, Khwaeng Din Daeng, Khet Din Daeng, Krung Thep Maha Nakhon 10400 タイ


あわせて読みたい

記事カテゴリー

カテゴリー


▼ 今日の人気記事 ▼

 

▼ 新着記事 ▼