Warning: A non-numeric value encountered in /home/keny-japan/www/wordpress/wp-includes/formatting.php on line 3381

新時代のコーヒー/旅行/ソーシャルメディア

ミニマリスト

毎日同じ服を着るメリット・デメリット -ミニマリストに向いている人/向いていない人-

投稿日:2019-01-12 更新日:

シンプルライフを目指している方は、だんだんと身の回りのものが減っていき、衣類も同様に減ると思います。

そして、いつしか「毎日同じ服を着てもいいんじゃないか」という考えに辿り着くと思います。

今回は毎日同じ服を着るメリット・デメリットについてお伝えしたいと思います。前提として、アンダーウェアとインナーは毎日変えるものとします。

目次

1. メリット

−服を選ぶ時間がなくなり、年間30時間お得

−1着のクオリティが向上する

−外出先で不安になる必要がない

−服が自分の印象になる

–無駄な出費が増えない

2. デメリット

−頻繁に会う人には気づかれる

−TPOに合わせづらい

−お金がないと思われる

3. こんな人は向いていない

−他人の目を気にする人

−洋服を買うことに楽しみがある人




1. メリット

まずは、メリットから見ていきます。

−服を選ぶ時間がなくなり、年間30時間お得

服を多くお持ちの方は、毎朝どんな服を着て外出するか悩まれると思います。しかし、毎日同じ服であれば、着ていく服を選ぶ必要がないので、悩む時間を短縮することができます。

服を選ぶのに、毎朝5分費やしていたとすると、年間30時間、45年間で57日分浮かすことができます。

−1着のクオリティが向上する

たくさんの衣服を購入する場合と、1着の衣服を購入する場合、同じだけの予算であれば必然的に1着の方が高価なものになります。

1着にすることで、自信を持ったクオリティの高い服を毎日着ることができます。

−外出先で不安になる必要がない

朝、がんばって選んだコーデ。いざ、外出してみるとその組みわあせに違和感や不安を感じたことがありませんか。毎日同じであれば、その不安を感じる必要が一切ありません。

−服が自分の印象になる

友人を含め、他人が着ていた服は意外と覚えていないものです。毎日同じ服を着ることで、印象に残りやすく、この人はこういう服を着る人、と覚えてもらえ易くなります。

–無駄な出費が増えない

実際に店頭で一目惚れした服を購入したけど、クローゼットの奥に入れっぱなし、ということがあると思います。

しかし毎日同じ服を着るので、使わない服がなく、無駄な出費がありません。




2. デメリット

次に、デメリットを見ていきます。

−頻繁に会う人には気づかれる

たまに会う人ならなんともないのですが、毎週または毎日会う人には、「また同じ服?」と突っ込まれることがあるかもしれません。

また、突っ込まれなくても内心感じさせているかもしれませんね。

−TPOに合わせづらい

ラフな場、カジュアルな場、フォーマルな場、さまざまあると思いますが、的確に合わせることが難しいです。

私は基本的にフォーマル目の服を着ているのですが、友人などに会う際は、1人フォーマルが過ぎて浮くことがあります。

−お金がないと思われる

「毎日同じ服→服を買えない→貧乏」あなたをよく知らない人であれば、そう思われる可能性もあります。ボロボロの服でも着ていない限りは大丈夫だと思いますが。




3. こんな人は向いていない

メリット・デメリットを見てきましたが、実際どんな人が、毎日同じ服を着ることに向いていて、どういう人が向いていないのでしょうか。

−他人の目を気にする人

「この人、毎日同じ服を着ている」と注目されたり、「この人、服を買うお金もないのかな」と思われる可能性があるとお伝えしました。

私はあまり他人がどう思おうと気にしないのですが、性格上気にする方もいられると思います。そういう方にとっては、それがストレスになってしまうので、おすすめできません。

−洋服を買うことに楽しみがある人

洋服を買う行為自体に楽しみがある人は、我慢して1着にする必要はありません。

人生における楽しみは人それぞれですから、その楽しみを削ってまで毎日同じ服を着る必要はありません。


あわせて読みたい

記事カテゴリー

カテゴリー


▼ 今日の人気記事 ▼

 

▼ 新着記事 ▼