新時代のコーヒー/旅行/ソーシャルメディア

映画de英会話

That’ll be the day. 意味と使い方 -映画バックトゥーザフューチャーから学ぶ英会話-

投稿日:2018-12-17 更新日:

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」は、1985年にアメリカで公開されて以来、多くの人々に愛され続けているSF映画です。

今回は映画に出てくる“That’ll be the day.”の意味と使い方をダイヤログに基づいて解説していきます。

映画 Back to the Futureより

Wilson: I could run for mayor.

Carruthers: A colored mayor. That’ll be the day.

Wilson: Wait and see, Mr. Carruthers. I will be mayor.

ウィルソンが市長になりたいと思った時の場面です。




意味

“That’ll be the day.”

「そんなこと有り得ない

 

使い方

実際に起こりそうにないと思っていることに使うことができます。

「それが本当に起こった時、それは特別な日になる」という解釈からこの意味が来ています。

 

まとめ

映画バック・トゥ・ザ・フューチャーより

ウィルソン:市長選に出馬する。

クラザーズ:黒人市長。そんなことあり得ないね。

ウィルソン:見ててください、クラザーズさん。私が市長になってみせますから。

>>他の重要イディオムも見てみる<<

あわせて読みたい

記事カテゴリー

カテゴリー


▼ 今日の人気記事 ▼

 

▼ 新着記事 ▼